中国 北京市食品浪費防止規制 北京市人民代表大会常務委員会 [公布日] 2021/5/27 [発効日] 2021/5/27

北京市食品浪費防止規制 (北京市反食品浪费规定)
北京市人民代表大会常務委員会(北京市人民代表大会常务委员会)

[公布日] 2021/5/27 [発効日] 2021/5/27

 

第 9 条 食堂を設置する企業は、食堂の食事管理システムを確立及び改善し、細密化管理と食品浪費防止のアナウンスと教育を強化し、自社の食品浪費行動に監督及び検査を行い、適時に是正するものとする。企業の食堂は、飲食の規律や季節の特性に応じ、科学的にレシピや調達計画を策定、食材を分類して保管、主食と主菜料のバランスをよく調整し、料理の動的管理を実施し、オンデマンドで作成します。人目を引く場所で“光盘行动”[食べ切り運動]の標識を設置し、適切な量で食事するよう誘導し、無駄な行動を正す;食事満足度調査を行い、適時に食事サービスを最適化し;実際の状況に応じて自主的に料理を選択し、計量料金をとるような形を実施します。

第 24 条 あらゆる単位または個人は、食品の浪費を阻止し、説得する権利を有し、食品生産者または事業者が本規則に違反したことが判明された場合、市民サービスホットラインを通じて通報するか、関連部門に報告することができます。報告を受けられた場合は、関連部門は法律に従って適時に処理すべきです。

第25条 ケータリングサービス事業者が“光盘行动”[食べ切り運動]の標識を規定の場所に設置せず、食事の適切な注文と摂取を促すことを怠って、本規則に違反した場合、市場監督管理部門は、改定を命じ、警告を発するものとする.

ケータリングサービス事業者が本規則に違反し、消費者に料理を過剰注文させ、誘導し、誤解させ、又は強要し、無駄を生じさせた場合、状況が深刻な場合、市場監督管理部門は、改定を命じ、警告をされます。是正を拒否する場合には、1,000 元以上 10,000 元以下の罰金を科すものとする.

第26条 本規則に違反し、食品生産者及び事業者は、生産及び運営過程で消費者が深刻な食品浪費を引き起こさせるようなマーケティング手法を採用し、市場監督管理部門が法律に従って対処しなければならない。

第 27 条 食堂が設置されている企業は本規則に違反し、食品浪費を防止するための措置を策定または実施しない場合、市人民政府の指定部門に改定や警告を命じされます。

第 28 条 食品及び飲料の配達プラットフォームは本規制を違反し、その支配的な市場地位を濫用し、虚偽または誤解を招く商業宣伝、その他の方法を利用し、消費者を誘導または騙して過量な料理を注文させる場合、関連部門は反不正競争法とその他の法律に基づき、法的取扱い問われます。

第 29 条 ラジオ局、テレビ局、オンラインオーディオ及びビデオサービスプロバイダーは、本規則に違反し、監査義務を履行せず、食品の浪費を誘発し、または過食などの食品浪費を助長するプログラムまたはオーディオおよびビデオを制作、公開、普及する場合、ラジオ、テレビ、ネットワーク情報管理部門によって法律に従って処理されます。

影響: 北京で行った食品浪費に対する処罰は本規定を参照し、実施します。

ラボノモリ紹介動画

(※音が出ます)

セミナー・配信中コンテンツ

お知らせ




ラボノモリ注目特集

      1. 中国VOCs管理に関する実用ガイドライン 特集

        中国VOCs管理に関する実用ガイドラインが生態環境部から公布されました。これまで「最新中…

         

      2. 中国VOCs規制2020FAQ集

        新GBの公布を受け、内容解釈と対応に苦慮している企業も多いのではないか思います。そこで…

         

      3. 最新中国VOCs規制2020特集

        【中国】VOCsに関する9つの強制国家標準を公布 中国国家市場監督管理総局(SAMR)および…

         

      4. GB30981-2020(工業防護塗料) 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      5. GB33372-2020(接着剤)のトリセツ 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      6. GB38508-2020(洗浄剤)のトリセツ 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      7. GB38507-2020(インク)のトリセツ 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      8. ECHA SCIPデータベース特集

        【SCIPデータベース】EUで高懸念物質(SVHC)含有製品の情報提供を義務化 欧州化学品庁…

         

      9. タイ向け輸出残農検査特集

        《タイ》輸入青果物の残農検査に関する新ガイドラインが運用開始 2020年8月1日より、…

         

      10. 輸出向け残留農薬試験特集

        食品中に残留してよい農薬の基準値は、国によって異なります。 昨今、品質の高い…

         

      11. マスク・防護具試験特集

        新型コロナウィルスCOVID-19の蔓延に伴いマスク等の衛生用品の需要が世界的に…

         

      12. 中国向け輸出化粧品~NMPA~特集

        中国市場で化粧品を販売するためにはNMPA登録を行う必要があります。 NMPAと…

         

      13. 中国版RoHSの最新動向特集

        RoHS指令とは、電気・電子機器における特定有害物質の使用制限に関するEUの法律…

         

  1. 株式会社環境防災

  2. 株式会社エルテック

  3. 株式会社 アイテス

  4. ソコテック・サーティフィケーション・ジャパン株式会社

  5. KPMGジャパン

広告




お問合せはコチラから