日本TIC評議会

概要

日本TIC評議会とは、日本におけるTIC(Testing・Inspection・Certification/試験・検査・認証)産業の在り方や各産業界の発展性等を評議・検討する活動組織です。

ものづくりを中心に高度経済成長期を経た日本には様々な産業においての技術が集積されています。
その技術は「匠の技」として長きにわたり伝統的な承継方法で伝えられてきており、技術力の高さは基より文化の視点からも世界から注目され続けています。
今日、ものづくりにおけるグローバルサプライチェーンは多様化しており、産業界や国境を越えて形成されています。
日本における「技術規格化」や「技術承継の在り方」等の国際標準化に関してはこれからも多くの検討課題が存在します。

日本TIC評議会では産業界や国境の垣根を越えたサスティナブルな社会の実現に向け、これらの検討課題に取り組み、TIC産業界の在り方と各産業の発展を評議・検討してまいります。

活動内容

2020年度残留農薬試験事業者調査のご案内

ラボノモリ紹介動画

(※音が出ます)

  1. 【無料配信】5分で分かる。プロポジション65の基礎(Proposition 65…

  2. 【無料配信】5分で分かる。世界の鉱物油の規制動向(MOSH・MOAH)

  3. 【無料配信】5分で分かる。EU RoHS-3の追加物質の最新動向!

  4. 【無料配信】《10分解説》中国のカーボンニュートラルと企業の対応 …

  5. 【無料配信】5分で分かる。欧州、中国、日本におけるPFAS(PFOS、PF…

  1. 【中国】速報!食品接触材料に関する新しい3つの標準を公布

  2. 【フランス】インク中のMOAHおよびMOSHの含有制限令を承認

  3. 中国版RoHSの最新動向 特集

  4. 【EU SVHC】候補リストに1物質を追加《2022年6月10日》

  5. 【速報】《EU RoHS-3》ECHAが2物質の追加提案を正式アナウンス

  6. 【国标ニュース】GB/T41010-2021、GB/T41008-2021、GB/T38082-2019…

  7. 【中国NMPA】速報!超重要!上海ロックダウンに伴う化粧品登録の延…

  8. GB 21027-2020 学生用品の安全通用要求

  9. 【中国RoHS】《速報》フタル酸エステル4種の追加と関連標準の更新に…

  10. 中国における食品接触材料及び製品(FCM)に対する監督

お知らせ




広告