ECHA SCIPデータベース 特集

2021年3月24日更新

無料配信中「SCIPデータベースとは」解説【日本語】

【SCIPデータベース】EUで高懸念物質(SVHC)含有製品の情報提供を義務化

欧州化学品庁(ECHA)は、EU域において2021年1月5日より、REACH規則で定める高懸念物質(SVHC)を0.1 wt%を超えて含む成形品を上市する企業に対し、当該成形品に含まれるSVHC関連情報をSCIP{Substances of Concern In articles as such or in complex objects (Products)}という情報データベースへ提出する義務を課す予定です。
SCIPデータベースは、2018年6月に改正された廃棄物枠組み指令(WFD: Waste Framework Directive)に基づいて構築されたもので、これにより製品及び材料中の有害物質の追跡管理が廃棄段階を含むライフサイクル全体で可能となる計画です。また、SCIPによる有害物質情報の透明性向上は、消費者が製品を購入する際に十分な情報に基づいた選択を行うのに役立ち、更にはそのような製品の安全な使用方法や正しい廃棄方法に関する情報収集と提供に寄与します。上記に想定される動きにより、製造品中の現用有害物質の代替が促進されることも同時に期待されています。
情報提出義務の対象者は当該成形品を供給するEU域内の製造・輸入・流通業者等であり、消費者に直接商品を供給する小売業及びその他のサプライチェーン従事者は、情報提出の対象外となります。なお、EU域外の供給者は、EU域内輸入者にSCIPの届出に必要な情報を提供する必要があります。そして、企業がSCIPデータベースへ提出する情報としては、以下のようなものがECHAから公表されています。

成形品の特定情報
・識別子(製品コード)
・名前(モデル、タイプ、etc)
・製品カテゴリ(CNコード)など

成形品中のSVHCの情報
・使用されているSVHCの名称
・SVHCの使用部位
・SVHCの濃度

その他、安全な使用に関する情報など

本制度を来年1月からスムーズに開始するために、ECHAは既にSCIPデータベースの試用版を2020年2月に公開をしています。試用版による企業の試用とフィードバック・改善を経て、2020年10月頃にSCIPデータベースの公式バージョンがリリースされる予定となっています。

関連試験所を探す

ラボノモリ紹介動画

(※音が出ます)

  1. 【無料配信】5分で分かる。世界の鉱物油の規制動向(MOSH・MOAH)

  2. 【無料配信】5分で分かる。EU RoHS-3の追加物質の最新動向!

  3. 【無料配信】《10分解説》中国のカーボンニュートラルと企業の対応 …

  4. 【無料配信】5分で分かる。欧州、中国、日本におけるPFAS(PFOS、PF…

  5. 【無料配信】5分で分かるシリーズ No.03「TSCA、REACH、RoHS等の第…

  1. 【中国】速報!食品接触材料に関する新しい3つの標準を公布

  2. 【フランス】インク中のMOAHおよびMOSHの含有制限令を承認

  3. 中国版RoHSの最新動向 特集

  4. 【EU SVHC】候補リストに1物質を追加《2022年6月10日》

  5. 【速報】《EU RoHS-3》ECHAが2物質の追加提案を正式アナウンス

  6. 【国标ニュース】GB/T41010-2021、GB/T41008-2021、GB/T38082-2019…

  7. 【中国NMPA】速報!超重要!上海ロックダウンに伴う化粧品登録の延…

  8. GB 21027-2020 学生用品の安全通用要求

  9. 【中国RoHS】《速報》フタル酸エステル4種の追加と関連標準の更新に…

  10. 中国における食品接触材料及び製品(FCM)に対する監督

お知らせ




広告




お問合せはコチラから