コラム《中国VOCs GB規制の波》「在庫品は使用しても大丈夫なんですよね?」

例の中国VOCs 規制 新GB発効について、最近このような問い合わせを多く受けるようになりました。これは、発効日以降でも、新GBが発効される前に購入しておいた在庫品であれば、新GBの要求に適合していなくても工場等で生産材料として使ってもOKなんですよね?という質問になります。

どうやら一部では、この件について「使用しても問題なさそうだ」という見解が広がっているようですが、果たしてそうでしょうか?

たしかに、当該GB中には『発効日より前に製造された在庫品』に関する言及は見当たりませんが、だからと言って使って良いという事にはなりませんし、使って良いという根拠も見当たりません。

皆さんもご周知のとおり、これらのGBは約半年以上の猶予期間まで設けられた強制国家標準です。しかも2020年を目標年とした環境政策の一環ですから、発効日以降にGBに適合しない製品は中国市場への輸入や販売はもちろん、使用についても認められるものではないと考えるのが一般的ですよね。もし、在庫品がOKならば、発効前に大量買いして使い続けるといったケースも想定をされますよね…。

更に、以前ラボノモリでも紹介をした「VOC管理ガイドライン(今回の中国VOC規制に合わせて、中国生態環境部が14の産業界ごとのガイドラインを発表)」中においては、各分野の生産・使用原材料中のVOC含有限度量が規定されているとともに、ハッキリと「2020年12月1日から、使用する塗料、洗浄剤、接着剤中のVOC含有規制値はガイドライン中の値に適合すること。使用するインクは2021年4月1日からガイドライン中に適合すること。」と記されています。

また、ガイドライン中では製品品質の標準として《GB 33372-2020:胶粘剂挥发性有机化合物限量》等の新GBが引用されており、ガイドライン中の規制値は新GBとリンクしていることも見て取れます。

今回の中国VOC新規制は、製造・開発・代替品の確認や変更対応等が必要になり、メーカーや商社にとっては大変重要なトピックです。

そして、その重要性から日々様々な情報が飛び交い、その情報が人や会社を通じてニュアンスが変わって伝わってしまっているのも事実のようです。

いったい何が正しい情報なのか?そして私たちは何をすればよいのか?

発効日が迫り、更なる情報収集も必要となる中、

政策や会社方針、ステークホルダー等の状況を理解した上で、

「いつ」、「だれが」、「どこで」、「だれに」、「なにを」がネックではないでしょうか。

 

ラボノモリ中国VOC解説チーム

ラボノモリ紹介動画

(※音が出ます)

お知らせ




ラボノモリ注目特集

      1. 中国VOCs管理に関する実用ガイドライン 特集

        中国VOCs管理に関する実用ガイドラインが生態環境部から公布されました。これまで「最新中…

         

      2. 中国VOCs規制2020FAQ集

        新GBの公布を受け、内容解釈と対応に苦慮している企業も多いのではないか思います。そこで…

         

      3. 最新中国VOCs規制2020特集

        【中国】VOCsに関する9つの強制国家標準を公布 中国国家市場監督管理総局(SAMR)および…

         

      4. GB30981-2020(工業防護塗料) 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      5. GB33372-2020(接着剤)のトリセツ 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      6. GB38508-2020(洗浄剤)のトリセツ 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      7. GB38507-2020(インク)のトリセツ 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      8. ECHA SCIPデータベース特集

        【SCIPデータベース】EUで高懸念物質(SVHC)含有製品の情報提供を義務化 欧州化学品庁…

         

      9. タイ向け輸出残農検査特集

        《タイ》輸入青果物の残農検査に関する新ガイドラインが運用開始 2020年8月1日より、…

         

      10. 輸出向け残留農薬試験特集

        食品中に残留してよい農薬の基準値は、国によって異なります。 昨今、品質の高い…

         

      11. マスク・防護具試験特集

        新型コロナウィルスCOVID-19の蔓延に伴いマスク等の衛生用品の需要が世界的に…

         

      12. 中国向け輸出化粧品~NMPA~特集

        中国市場で化粧品を販売するためにはNMPA登録を行う必要があります。 NMPAと…

         

      13. 中国版RoHSの最新動向特集

        RoHS指令とは、電気・電子機器における特定有害物質の使用制限に関するEUの法律…

         

  1. 株式会社環境防災

  2. 株式会社エルテック

  3. 株式会社 アイテス

  4. ソコテック・サーティフィケーション・ジャパン株式会社

  5. KPMGジャパン




お問合せはコチラから