コラム《中国VOCs GB規制の波》「GB37822-2019 無組織排出ってなに?」

大家好!中国VOC規制解説チームです。
みなさん、いきなりですが「无组织排放(無組織排出)」というワードを知っていますか?

この言葉、今後の中国製造業において、重要なワードになりますのでコラムで紹介をしたいと思います。
そして、このワードはこれまでラボノモリで開催してきたVOC規制のE-ラーニング講座でも登場しています。

各規格に関して理解を深めていきたい方はこちらからどうぞ

さて、講座の冒頭の《2020年中国VOC規制の全体像》では、
規制が①製品含有規制と②排出規制に分かれていることを解説していますが、
②の中で「GB37822-2019:挥发性有机物无组织排放控制标准」という標準が紹介されています。

先ずはその基本情報を記します。

標準番号:GB37822-2019
中文標準名称: 挥发性有机物无组织排放控制标准
英文標準名称:Standard for fugitive emission of volatile organic compounds
和訳:揮発性有機化合物無組織排出基準
標準分類:強制国家標準
公布日:2019-05-24
発効日:2019-07-01

上記のように、これは2019年7月から発効となったVOC排出に関わる新しい強制規格なのですが、名前に「無組織排出」という耳慣れないワードが入っているため、よくお客様から「どういう内容?」と質問を受けます。

では、本題の「無組織排出」とは何か?ですが、

一言でいうと「処理設備を介さない排出」になります。

つまり、この標準は「処理設備を介さないVOC排出を減らすためのルール」となります。

これまでの環境規制で、工場等からのVOC排出は処理設備の導入でかなり抑制をされましたが、

一方で、VOCを多く含む製品や原材料(例えば、接着剤、塗料、洗浄剤、インク、その他の有機溶剤など)の輸送や保管、使用中における排出および配管からの漏洩排出(処理設備を介さない排出:無組織排出)等についてもルール化し、対策が強化されることとなりました。

それがこのGB37822-2019になります。以下に概要を紹介します。

本規格は、揮発性有機化合物(VOCs)物質の貯蔵、VOCs物質移動および輸送等の組織化されていない排出(大気汚染物質などが特定の排気筒を通らずに排出される行為)の管理要件、製造工程で発生するVOCsの組織化されていない排出管理要件、機器および配管におけるVOCs漏洩管理要件、開放状態の液面からの組織化されていないVOCs排出管理要件を規定しています。加えて、VOCsの組織化されていない排出の情報・記録の収集および処理システムの要件、および企業工場内および周辺の汚染モニタリング要件を規定している。

詳細は、有機溶剤を10%以上含む原材料を取り合う際のルールなどがありますが、これらについては、またの機会に解説をできればと思っています。
もし、ご不明な点などあれば都度お気軽にご質問をお寄せください。

お問い合わせはこちらから

ラボノモリ編集部

ラボノモリ紹介動画

(※音が出ます)

お知らせ




ラボノモリ注目特集

      1. 中国VOCs管理に関する実用ガイドライン 特集

        中国VOCs管理に関する実用ガイドラインが生態環境部から公布されました。これまで「最新中…

         

      2. 中国VOCs規制2020FAQ集

        新GBの公布を受け、内容解釈と対応に苦慮している企業も多いのではないか思います。そこで…

         

      3. 最新中国VOCs規制2020特集

        【中国】VOCsに関する9つの強制国家標準を公布 中国国家市場監督管理総局(SAMR)および…

         

      4. GB30981-2020(工業防護塗料) 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      5. GB33372-2020(接着剤)のトリセツ 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      6. GB38508-2020(洗浄剤)のトリセツ 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      7. GB38507-2020(インク)のトリセツ 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      8. ECHA SCIPデータベース特集

        【SCIPデータベース】EUで高懸念物質(SVHC)含有製品の情報提供を義務化 欧州化学品庁…

         

      9. タイ向け輸出残農検査特集

        《タイ》輸入青果物の残農検査に関する新ガイドラインが運用開始 2020年8月1日より、…

         

      10. 輸出向け残留農薬試験特集

        食品中に残留してよい農薬の基準値は、国によって異なります。 昨今、品質の高い…

         

      11. マスク・防護具試験特集

        新型コロナウィルスCOVID-19の蔓延に伴いマスク等の衛生用品の需要が世界的に…

         

      12. 中国向け輸出化粧品~NMPA~特集

        中国市場で化粧品を販売するためにはNMPA登録を行う必要があります。 NMPAと…

         

      13. 中国版RoHSの最新動向特集

        RoHS指令とは、電気・電子機器における特定有害物質の使用制限に関するEUの法律…

         

  1. 株式会社環境防災

  2. 株式会社エルテック

  3. 株式会社 アイテス

  4. ソコテック・サーティフィケーション・ジャパン株式会社

  5. KPMGジャパン




お問合せはコチラから