ESG市場に吹くカーボンニュートラルの追い風 (前編) ~世界に拡がるGreen Recoveryの概念~

ESG投資とは、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)要素も考慮した投資のことですが、昨今、企業経営のサスティナビリティ(持続可能性)を評価するという概念の普及と共に、飛躍的に拡大しています。

元々、ESG投資の市場は、2008年のリーマンショックで露呈した利益至上主義に対する反省や、2015年の国連のSDGs(持続可能な開発目標)採択等を材料に、この10年ほどで急速に成長を続けてきました。皆さんも、SDGsやESGというワードを聞くことが多くなったと思います。

図1に資源エネルギー庁が公表している《世界と日本のESG市場規模とその成長率(2016年と2018年の比較)》を載せていますが、ESG市場は2016年から2018年の2年間で、世界では1.3倍、日本国内においては4.2倍に増加しており、その市場規模は、2018年時点で、世界で約3000兆円、日本国内で約200兆円でした。

ここまででも、ESG市場が巨大化していることは十分に理解できますが、ここに去年、更なる追い風が加わりました。それが世界的な脱炭素化、カーボンニュートラルへ向けた始動です。

 

図1 世界と日本のESG市場規模とその成長率

 

2021年1月現在で、カーボンニュートラルを表明した国や地域は120以上に上りますが、この世界的な潮流の起爆剤となったのは、去年、2国で世界のCO2排出量の約43%を占める中国(約28%)と米国(約15%)が脱炭素化へ転進したことでした。

現在、図2に示すように各表明国がカーボンニュートラルの達成目標年と戦略を掲げています。

図2 各国のカーボンニュートラル達成目標年と戦略

このように世界各国の政府がカーボンニュートラルの達成に向け、環境重視の投資を促進していますが、これがコロナからの経済復興のキーとも捉えられており、脱炭素×経済復興を概念とした「Green Recovery」というスローガンが生まれています。

この潮流を捉え、政府の資金だけでなく、Covid-19で滞った民間マネーも一気にESG市場へ流れています。それを裏付けるデータとして、例えば、投資にESGの視点を組み入れることなどを原則として掲げる国連責任投資原則(PRI)というものがありますが、この取組への署名機関は2006年時点では世界でわずか63社だったのが、2020年には約3000社にまで増加しています。また、ESG関連の上場投資信託(ETF)への資金流入額も2019年12月時点では世界で20億USD程度だったのが、2021年2月には7倍超の150億USDとなっています。このように、従来の「持続可能な社会」に対する取り組みに、「カーボンニュートラル」「Green Recovery」の追い風が加わり、ESG市場は益々活況を呈しています。

さて、ではこの世界潮流に対して、日本政府はどのような戦略を立て、どのような未来を描いているのか?これについては続編「ESG市場に吹くカーボンニュートラルの追い風(後編)-日本が描くグリーン成長戦略-」で紹介したいと思います。来週の掲載を予定しておりますので、いま暫くお待ち頂ければと思います(次号へ続く)。

今回も最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

図1、2出典:資源エネルギー庁ホームページ
(https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/carbon_neutral_02.html)

 

 

ラボノモリ紹介動画

(※音が出ます)

セミナー・配信中コンテンツ

お知らせ




ラボノモリ注目特集

      1. 中国VOCs管理に関する実用ガイドライン 特集

        中国VOCs管理に関する実用ガイドラインが生態環境部から公布されました。これまで「最新中…

         

      2. 中国VOCs規制2020FAQ集

        新GBの公布を受け、内容解釈と対応に苦慮している企業も多いのではないか思います。そこで…

         

      3. 最新中国VOCs規制2020特集

        【中国】VOCsに関する9つの強制国家標準を公布 中国国家市場監督管理総局(SAMR)および…

         

      4. GB30981-2020(工業防護塗料) 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      5. GB33372-2020(接着剤)のトリセツ 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      6. GB38508-2020(洗浄剤)のトリセツ 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      7. GB38507-2020(インク)のトリセツ 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      8. ECHA SCIPデータベース特集

        【SCIPデータベース】EUで高懸念物質(SVHC)含有製品の情報提供を義務化 欧州化学品庁…

         

      9. タイ向け輸出残農検査特集

        《タイ》輸入青果物の残農検査に関する新ガイドラインが運用開始 2020年8月1日より、…

         

      10. 輸出向け残留農薬試験特集

        食品中に残留してよい農薬の基準値は、国によって異なります。 昨今、品質の高い…

         

      11. マスク・防護具試験特集

        新型コロナウィルスCOVID-19の蔓延に伴いマスク等の衛生用品の需要が世界的に…

         

      12. 中国向け輸出化粧品~NMPA~特集

        中国市場で化粧品を販売するためにはNMPA登録を行う必要があります。 NMPAと…

         

      13. 中国版RoHSの最新動向特集

        RoHS指令とは、電気・電子機器における特定有害物質の使用制限に関するEUの法律…

         

  1. 株式会社環境防災

  2. 株式会社エルテック

  3. 株式会社 アイテス

  4. ソコテック・サーティフィケーション・ジャパン株式会社

  5. KPMGジャパン

広告




お問合せはコチラから