【中国】免除登録期間の失効によるHBCDの全面禁止化

中国は『残留性有機汚染物質(POPs)に関するストックホルム条約(以下、ストックホルム条約と略記)』の加盟国です。

2016年12月、中国環境保護部など11機関は共同で《『ストックホルム条約におけるヘキサブロモシクロドデカン(HBCD)の追加』に関する改正》※1の発効を通知しました。この通知により、2016年12月26日以降、中国においてもHBCDの製造、使用、輸入、輸出は下記の免除項目を除き禁止となります。

  1. 主に難燃剤として建築用の発泡スチロール(EPS)及び押出法ポリスチレン(XPS)に使用され、特定の免除登録の有効期間※内に、製造、使用、輸入・輸出される場合。なお、特定の免除登録の有効期間は、中国では本通知の発効から5年で終了となります (2021年12月25日に失効
  2. 実験室規模の研究用または参照標準として、製造、使用、輸入・輸出する場合

詳細については、通知原文を参照ください。

※1 通知原文:公告 2016年 84号、https://www.mee.gov.cn/gkml/hbb/bgg/201612/t20161228_378327.htm

ラボノモリ紹介動画

(※音が出ます)

セミナー・配信中コンテンツ

お知らせ




ラボノモリ注目特集

      1. 中国VOCs管理に関する実用ガイドライン 特集

        中国VOCs管理に関する実用ガイドラインが生態環境部から公布されました。これまで「最新中…

         

      2. 中国VOCs規制2020FAQ集

        新GBの公布を受け、内容解釈と対応に苦慮している企業も多いのではないか思います。そこで…

         

      3. 最新中国VOCs規制2020特集

        【中国】VOCsに関する9つの強制国家標準を公布 中国国家市場監督管理総局(SAMR)および…

         

      4. GB30981-2020(工業防護塗料) 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      5. GB33372-2020(接着剤)のトリセツ 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      6. GB38508-2020(洗浄剤)のトリセツ 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      7. GB38507-2020(インク)のトリセツ 特集

        これまでラボノモリでは、中国の新しい揮発性有機化合物(VOCs)規制について下記3度の…

         

      8. ECHA SCIPデータベース特集

        【SCIPデータベース】EUで高懸念物質(SVHC)含有製品の情報提供を義務化 欧州化学品庁…

         

      9. タイ向け輸出残農検査特集

        《タイ》輸入青果物の残農検査に関する新ガイドラインが運用開始 2020年8月1日より、…

         

      10. 輸出向け残留農薬試験特集

        食品中に残留してよい農薬の基準値は、国によって異なります。 昨今、品質の高い…

         

      11. マスク・防護具試験特集

        新型コロナウィルスCOVID-19の蔓延に伴いマスク等の衛生用品の需要が世界的に…

         

      12. 中国向け輸出化粧品~NMPA~特集

        中国市場で化粧品を販売するためにはNMPA登録を行う必要があります。 NMPAと…

         

      13. 中国版RoHSの最新動向特集

        RoHS指令とは、電気・電子機器における特定有害物質の使用制限に関するEUの法律…

         

  1. 株式会社環境防災

  2. 株式会社エルテック

  3. 株式会社 アイテス

  4. ソコテック・サーティフィケーション・ジャパン株式会社

  5. KPMGジャパン

広告




お問合せはコチラから