最新中国VOCs規制2020 特集

【中国】VOCsに関する9つの強制国家標準を公布

中国国家市場監督管理総局(SAMR)および国家標準化管理委員会(SAC)は、揮発性有機化合物(VOCs)に関する9つの強制国家標準(GB)を発布し、コーティング、接着剤、洗浄剤、インクについて含有量制限とVOCs検査法を標準化しました。これに合わせて、対応する古いバージョンの標準は廃止になります。下表にその新しい9つのGBと古いバージョンの標準(代替規格)をまとめました。これら新GBの影響は、建設、船舶、家具・雑貨、輸送機器、電気電子機械など、かなり広い範囲に及ぶと考えられます。

今回のVOCsに関する新GBの策定は、2018年7月に国務院が発表した大気質改善のための計画「青空を守る戦い3年行動計画」の一環になりますが、これにより関連企業の自社製品中に対するVOCs含有量の管理及び低減が促進されます。

また、VOCsの含有量検査法について、表2にGB38507-2020「インク中の揮発性有機化合物の含有限度」、表3にGB 38508-2020「洗浄剤中の揮発性有機化合物の含有限度」、表4にGB 33372-2020「接着剤中の揮発性有機化合物の含有限度」、表5にGB 30981-2020「産業用保護コーティング中の有害物質含有限度」に関する参考情報をまとめました。製品のカテゴリ及び種類によって試験方法は異なりますが、例えばインクの場合ですと、VOCsの含有率(15%が境目)が試験法の分かれ目になります。15%以上の含有製品については直接VOCsを測定するのではなく、VOCs以外の非揮発性物質と水分量を測定して差分法(引き算)によって導くやり方です。この場合、水分量の測定はカールフィッシャー法、非揮発性物質の測定はGC-TCD、ハロゲン化炭化水素はGC-MSによる測定と規定されています。
他の新GBの試験法など、本トピックの内容については随時内容更新を行っていきますので、最新情報について定期的に本特集ページをチェックして頂ければと思います。
実際の運用でのよくある質問FAQ集もご参照ください。

ISO17025認定ラボを探す 中国のラボを探す

 


ISO17025認定ラボを探す 中国のラボを探す

 

  • コメント: 0

関連トピック

  1. ECHA SCIPデータベース 特集

  2. 《中国NMPA》化粧品登録登記管理弁法 正式版とパブコメ案の違い

  3. コラム《中国通信》「コロナ禍でも走り回る人たちとは」

  4. 中国VOCs管理に関する実用ガイドライン 特集

  5. 中国版RoHSの最新動向 特集

  6. 【中国】急ピッチで進む脱プラスチック化と生分解性樹脂の利用

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ラボノモリ紹介動画

(※音が出ます)

  1. 【無料配信】5分で分かる。プロポジション65の基礎(Proposition 65…

  2. 【無料配信】5分で分かる。世界の鉱物油の規制動向(MOSH・MOAH)

  3. 【無料配信】5分で分かる。EU RoHS-3の追加物質の最新動向!

  4. 【無料配信】《10分解説》中国のカーボンニュートラルと企業の対応 …

  5. 【無料配信】5分で分かる。欧州、中国、日本におけるPFAS(PFOS、PF…

  1. 【中国】速報!食品接触材料に関する新しい3つの標準を公布

  2. 【フランス】インク中のMOAHおよびMOSHの含有制限令を承認

  3. 中国版RoHSの最新動向 特集

  4. 【EU SVHC】候補リストに1物質を追加《2022年6月10日》

  5. 【速報】《EU RoHS-3》ECHAが2物質の追加提案を正式アナウンス

  6. 【国标ニュース】GB/T41010-2021、GB/T41008-2021、GB/T38082-2019…

  7. 【中国NMPA】速報!超重要!上海ロックダウンに伴う化粧品登録の延…

  8. GB 21027-2020 学生用品の安全通用要求

  9. 【中国RoHS】《速報》フタル酸エステル4種の追加と関連標準の更新に…

  10. 中国における食品接触材料及び製品(FCM)に対する監督

お知らせ




広告




お問合せはコチラから